練習方法について②

ザバススポーツクラブ新松戸 会員の皆様、

いつもご利用ありがとうございます。今回も引き続き練習方法についてです。実戦に結びついた練習とは?

<練習方法について②>

もしコースで良いショットや結果を望むのであれば、練習場から本気で取り組まなければなりません。よく聞く言葉で「練習に勝るものはない」がありますが、適切な方法で行わなければ時間の無駄にもなりかねません。実際に練習場に行っても、心と体に悪習慣をつけるような過ごし方をしていたら、効果よりも害のほうが大きくなってしまします。目的を持たず目の前のボールをひたすら打ちまくる。このような練習で得られる成果と言えば、スイングにも精神面にも怠惰な習慣をつけて、それを余計に増長させていることになってしまいます。スイングも思考力も、だらけさせるだけの練習をしていて、プレッシャーのかかるコースのプレーで心と体がうまく機能するでしょうか? プランを持って練習場に行きましょう。ただひたすら時間ボールを打ち続ける事はプランにはなりません。 

<ショットの前は必ずセットアップルーティンをする> 

スイングという複雑な身体動作をしようとする時にも、体が意思決定に惑わされることがないようにしましょう。行動が思考に妨げられていないことが大切です。スイングを揺るがす最大の敵は緊張です。その緊張を引き起こす元は、今向き合っていることを成し遂げられる自分の能力への自信のなさ“に他ありません。自信を持ってゴルフをするために欠かせない軸となるのがルーティンです。前回もセットアップルーティンのお話をいたしましたが、ボールを打つ前は必ずボールの後方に立ち、どんなショットを打つか、弾道をイメージし気持ち(こころ)を整理してアドレスに入りましょう。ショットに関するあらゆることを考える、風の向き、ハザード、ライ、弾道、弾道の高さなど、そのショットに対する考え、イメージを具体的にする、より具体的に打とうとすショットを思い描くことです。あれこれ迷う時は、セットアップルーティンでボールの後ろに立って考える時だけにしましょう。アドレスに入ったらショットだけに完全に集中しなくてはなりません。ボールに向き合って決断に迷いが生じたら、もう一度仕切り直して最初からやり直しましょう。

アドレスに入ったら疑念を捨て去り、グリップをして、クラブフェイスを合わせ、姿勢を調節し、目標を見定めて、ただショットを打つのみです。ショットを打つまでの時間が長くなるほど疑念とともに緊張が心と体を緊張させてしまいます。スイングの最大の敵は緊張です。決断し集中しスイングするだけでいいのです。

できるだけ効率的なルーティンを身に付けましょう。限られた時間の中で上手に行うようにしましょう。自分のルーティンを少しばかり儀式化することでボールを狙った場所へ飛ばせる確率が高まります。ゴルフスイングにはリズムがとても大事ですが、ショットを打つ前の思考(ショットのイメージ)には時間を取り、ショットを打つ時はあまり時間をかけずに素早く行いましょう。 

<ショットごとに目標をかえる> 

コースでは練習場のように真っ平らなライはほとんどありません。ショットのために頭を切り替えなくてはなりません。コースではそうしなくては打てないはずです。ショットごとに全く新しい考えを求められる、目標はどこだ? 考慮しなければいけない要素を、練習場でショットごとに目標を変えることによって考える、目標を変えることで習慣が身に付く。練習場で打つ前に必ずボールの後ろに立って時間をとれば、どのスイングにも目的を持つことを体に教え込めることができるでしょう。30分間にドライバーショットを50発打っても何かが達成できるわけではありません。逆に欠陥スイングを作り上げてしまうこともあるでしょう。少ないボール数でも、よく考えてスイングする方が効果的です。練習で大切なのは、まさに量ではなく質なのです。

自分の技術レベルを最も実感できる方法として、30分間の10発だけショット打ってみる。ショット一打一打について考える。思った通りにショットできたのは何発ありますか? つねに実践を想定した練習を行い、まずはその習慣を作ればそれが身に付きます。自分で習慣を身につけられるようになりましょう。 

<ショットごとにクラブを変える> 

これはショットごとに頭を切り替えると言うクセをつける訓練になります。
コースではドライバーを連続で打ったり、番アイアンを何発も連続で打ったりする事は、特別な場合を除いてほとんどないでしょう。練習場でのドライバーショットは特定の目標を定めて打つようにしましょう。次に別の目標に向かって今度はアイアンで打つ。さらにまた別の標的に向かって今度はサンドウェッジで打つ。また目標を変えて番アイアンで打つ。また、それからドライバーに戻す。常に新しい気持ちで目標に向かって打つ訓練をしましょう。また、練習場で次にラウンドするコースを想定してシュミレーションしながら練習してみるのもよいでしょう。具体的に想定して打てば楽しさも増すことでしょう。友人と一緒に練習場で対戦しながら練習するのも良いでしょう。このようにすれば練習が楽しくなるだけではなく、効果も大きくなることでしょう。スイングと心の両方により良い習慣が身に付きます。


ゴルフをするにはまず自分の意思(目的)をはっきりさせることが大事です。ほとんどの人にとって、その目的とはベストスコア出すことではないでしょうか? それはどういうことなのでしょう? できるだけ少ないストロークでボールをカップに入れることですが、練習でもその目的にしっかりと意識を集中しなければいけません。いわば実戦(ラウンド)の疑似体験です。そのためにはクラブを変え、自分のルーティンを守り、緊張やプレッシャーを適度に与えながら目標に集中する。大切なのはどこにあなたの意識を集中してそれを行う(練習する)かが大事なのです。

 

Filed under: 未分類 — tag2bee 10:00 AM

ゴルフ基礎知識②

【クラブについて】

ザバススポーツクラブ新松戸 ゴルフスクールの皆様

いつもご利用いただきありがとうございます!今回 はクラブについてちょっぴり解説をいたします。下記はウッドとアイアンの各部の名称です。クリック拡大して見てくださいね。

ゴルフクラブは ヘッド、シャフト、グリップ から出来ていて、ヘッドは 金属(鉄、アルミ、チタン)、シャフトは スチール、カーボン・グラファイト樹脂などが主に使われています。カーボンやグラファイト樹脂はスチールよりも軽いので、クラブの総重量を軽くすることができ、主に長いクラブ(ウッド類)に装着されています。グリップは ゴムまたはゴムに似た性質の樹脂であるエラストマーが最近の主流です。

<ウッドクラブの各部名称>

<アイアンクラブの各部名称>

<名称の解説>

ロフト角(リアルロフト)= シャフトの中心線に対してのフェース面の傾斜角のこと。

フェースプログレッション = フェース角を0度に設定した状態のときの、シャフト中心線の延長線からリーディングエッジまでの水平距離を指します。一般にこの数値が大きいほどボールは上がりやすくなります。アイアンの場合は、この数値が大きいものをストレートネック、少ないものをグースネックと呼び、小さいものほどボールがつかまりやすくなります。

スイートスポット = ヘッドの重心からフェース面に向かって垂線を引き、それがフェース面と交わった点がスイートスポットで、ここを中心とした一定のエリアがスイートエリアです。スイートスポットが低いほうがスピンを抑えることができます。

重心距離 = シャフトの中心線の延長線上からヘッドの重心までの垂線の距離のことで、距離が短いほどボールがつかまりやすくなります。

重心深度 = リーディングエッジからヘッドの中心までの水平距離の事で、深いほうが打ち出し角度が高くなりスイートエリアも広くなります。

ライ角 = フェースを目標に対してスクエアにしてアドレスした時のシャフトの中心線と地面との角度を指します。角度が多いものをアップライト、少ないものをフラットと呼びます。ライ角は主に方向に影響が出ます。ライ角の理想は、自然にアドレスをしたときに、ほんの少しトウ側が浮いている状態が最適です。

Filed under: 未分類 — tag2bee 10:50 AM

フルスイング

ザバススポーツクラブ新松戸

ゴルフスクールの皆様こんにちは

 

ベーシックコースのテーマ

フル1

トップは「コの字」

フィニッシュは

左腕とゴルフクラブで「三角形」を作るスイングです

 

〈内容〉

腕の動きと体の回転の

組み合わせを覚えます

 

〈ポイント〉

・フィニッシュの回転の目安は

腰が90°

肩が90°以上回転します

・左腕とゴルフクラブで三角形を作ります

IMG_2520

・トップは右肘を上げながら90°曲げコの字を形成する

コの字BS

・体の動きと回転は9-3スイングと同じ

右爪先立ち

・フィニッシュで右足は爪先立ちになる

左右膝

・左膝と右膝の内側(内転筋)を密着させる

フィニッシュで

肘が下がってしまったり

肘が横にずれて脇が空いてしまう方は

フルスイングで三角形を作るように練習ましょう!

 

分からないこと・確認したいことは

レッスン時に担当コーチに質問しましょう!

 

以下のブログでも配信しております

↓↓↓以下をタッチ↓↓↓

タッグ・ビーブログ

是非ご覧ください!!!

Filed under: 未分類 — tag2bee 10:00 AM

コの字スイング

ザバススポーツクラブ新松戸

ゴルフスクールの皆様こんにちは

 

ベーシックコースのテーマ

コの字

ゴルフクラブと腕で

カタカナの「コの字」になる振り幅のスイングです

フルスイングでは飛びすぎてしまう時に使う振り幅です

縦プレーン完成形です

 

〈内容〉

バックスイングとフォロースイングの

リフトアップ動作を覚えます

 

〈ポイント〉

・バックスイングはL字のコックをキープし

右肘を上げながら90°曲げコの字を形成する

コの字BS

・フォロースイングは

左肘を上げながら90°曲げコの字を形成する

コの字FS

・体の動きと回転は9-3スイングと同じ

右爪先立ち

・フィニッシュで右足は爪先立ちになる

左右膝

・左膝と右膝の内側(内転筋)を密着させる

コの字スイングで腕の縦プレーン動作の完成形です

9-3スイング回転動作とあわせるとで

一番大きな振り幅のスイングになります

 

トップの位置が安定しない方

フォロースイングで左肘が引けてしまい上がらない方は

コの字スイングで練習していきましょう!

 

分からないこと・確認したいことは

レッスン時に担当コーチに質問しましょう!

 

以下のブログでも配信しております

↓↓↓以下をタッチ↓↓↓

タッグ・ビーブログ

是非ご覧ください!!!

Filed under: 未分類 — tag2bee 10:00 AM

L字スイング

ザバススポーツクラブ新松戸

ゴルフスクールの皆様こんにちは

 

ベーシックコースのテーマ

L字SW1

ゴルフクラブと腕で

アルファベットの「L字」になる振り幅のスイングです

アプローチの男性50yd前後、女性40yd前後の振り幅です

またバンカーショットにも必要なスイングです

 

〈内容〉

コック・アンコック動作という

手首と腕の動きを覚えます

 

〈ポイント〉

・L字の時、バックスイングは左肘、

フォロースイングは右肘が伸びる

・腕と肘が体の幅の中にある

・体の動きと回転は9-3スイングと同じ

右爪先立ち

・フィニッシュで右足は爪先立ちになる

左右膝

・左膝と右膝の内側(内転筋)を密着させる

L字スイングで腕の縦プレーン動作を覚えます

 

9-3スイング回転動作とあわせるとで

大きな振り幅のスイングになります

コック動作が苦手な方

回転のタイミングが分からない方

L字スイングで練習していきましょう!

 

分からないこと・確認したいことは

レッスン時に担当コーチに質問しましょう!

 

以下のブログでも配信しております

↓↓↓以下をタッチ↓↓↓

タッグ・ビーブログ

是非ご覧ください!!!

Filed under: 未分類 — tag2bee 10:00 AM

9-3スイング

ザバススポーツクラブ新松戸

ゴルフスクールの皆様こんにちは

 

ベーシックコースのテーマ

9-3SW1

ゴルフクラブが時計の

9時~3時の振り幅のスイングです

アプローチの30yd前後の振り幅になります

 

〈内容〉

手首を固定・肘が曲がらないで回転する

体の回転でクラブを動かすことを覚える

 

〈ポイント〉

・スイング中、手首の角度を固定し肘が曲がらない

・アドレス時の背筋をキープし中心軸を意識する

・9時は、肩を90°右に回転

3時は、肩が90°左に回転

右爪先立ち

・フィニッシュで右足は爪先立ちになる

左右膝

・左膝と右膝の内側(内転筋)を密着させる

 

8-4スイングの延長の振り幅で

L字・コの字・フルスイングで使用する回転動作です

回転動作をしっかり覚えたい方は

フィニッシュの足の形を意識して練習しましょう!

 

分からないこと・確認したいことは

レッスン時に担当コーチに質問しましょう!

 

以下のブログでも配信しております

↓↓↓以下をタッチ↓↓↓

タッグ・ビーブログ

是非ご覧ください!!!

Filed under: 未分類 — tag2bee 10:00 AM

スターティンググリップ・アドレス

ザバススポーツクラブ新松戸

ゴルフスクールの皆様こんにちは

 

ベーシックコースのテーマ

・スターティンググリップ
BA4A4653 2
①左手の肉厚部(赤色)の下に
グリップエンドがくる

BA4A4659 2
②右手のひらの生命線(水色)と
左手親指の横を合わせる

BA4A4292 2
③右手人差し指は鍵型にする

・アドレス
IMG_2293
①後頭部から背骨までのラインが前傾している

BA4A4299 2.0
②腕が地面に垂直になる

基本となるグリップ・アドレスを

正しく覚えてスイングしましょう!

 

分からないこと・確認したいことは

レッスン時に担当コーチに質問しましょう!

 

以下のブログでも配信しております

↓↓↓以下をタッチ↓↓↓

タッグ・ビーブログ

是非ご覧ください!!!

Filed under: 未分類 — tag2bee 10:00 AM

8-4スイング

ザバススポーツクラブ新松戸

ゴルフスクールの皆様こんにちは

 

ベーシックコースのテーマ

8-4SW1

ゴルフクラブが時計の

8時~4時の振り幅のスイングです

スイングの始動の仕方(全ての振り幅)

アプローチの10~20yd位の振り幅になります

 

〈内容〉

アドレス時の手首の角度をキープして

体の回転でクラブを動かすことを覚える

〈ポイント〉

・スイング中、手首の角度をキープする

・アドレス時の背筋をキープする

・8時は、肩を45°右に回す

 

4時は、肩を45°左に回す

ついつい手首を使って

スイングを始動してしまいがちです

これではフェイスの向きは安定せず

当たりの悪いスイングがここで出来上がってしまいます

 

短い距離のアプローチが苦手な方

スイング始動が上手くできない方は

積極的に8-4スイング練習しましょう!

 

分からないこと・確認したことは

レッスン時に担当コーチに質問しましょう!

 

以下のブログでも配信しております

↓↓↓以下をタッチ↓↓↓

タッグ・ビーブログ

是非ご覧ください!!!

Filed under: 未分類 — tag2bee 10:00 AM